怪我をしてしまった時の対応!

2018.11.24

怪我をしてしまった時の対応!

 

こんにちは。

 

そしがや通り整骨院の小林です。

 

 

最近、朝晩は一段と冷え込んできましたね。

ただ、日中はまだまだ動きやすい気候です!

 

そんなこのシーズンは、運動をするのがとても気持ち良いです!

 

運動は健康促進にもってこいですので、ぜひ積極的に身体を動かしましょう!!

 

 

ただし、ここで注意が必要なのが

運動は怪我と隣合わせです。

 

怪我をしてしまった時の対応次第で、治るまでの時間が変わってきます。

 

 

 

ここで覚えておいて頂きたいのが、

応急手当で重要な、

『RICE処置』(ライス処置)です。

 

安静(Rest)

冷却(Icing)

圧迫(Compression)

挙上(Elevation

 

この頭文字をとって『RICE処置』といいます。

 

まずは、安静にして

冷やすことにより、炎症の悪化を防ぎ

圧迫と心臓より高いところに上げる挙上により、止血と腫れを防ぐ事ができます。

 

 

この4つをすることにより、症状を緩和することができます。

 

怪我をしてしまった直後は『RICE処置』をしていただき

速やかに整骨院、症状がひどい場合には専門医までいきましょう。

 

何事も、早期治療が大切になります。

 

思いっきり身体を動かして、万が一の怪我の際には

応急処置を忘れずにしましょう!

 

なにかございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

以上、小林でした。

 



副院長 小林 駿介